top of page
  • 執筆者の写真Haruka

EP-212 初めてイギリスに行った感想 First Impressions of the UK


はい!みなさんこんにちは〜!お元気でしょうか?はぁい!お久しぶりです!っていうことで、イギリスから帰ってきましたので、今日はイギリスどうだった?っていう話をしたいと思います。で、前回のね、声だけのPodcastのエピソード、一週間前のエピソードで、時差ボケがヤバいって話をしたんですけど、まだヤバいです。まだ夜寝れなくて、4時ぐらいに寝て、レッスンがあるからね、8時とか9時とかに起きる生活をしてるんですけど、それがヤバすぎて、今もちょっと眠いので、よくわかんないテンションで行きたいと思います。まぁね、どこを観光したとか、詳しい話は、私またのVlogを作る予定なので、旅行動画ね。なので、そのVlogを詳しくはをご覧ください。今日は、イギリスに行ってどう思ったかとか、どんな町に行って、どんな感じだったかみたいな話をしたいと思います。良いとこ悪いとことかね、お話ししていきたいと思います。


まずね、私が今回行ったのが、イギリスって言っても、スコットランドとイングランドのエリアなんだよね。この2つのエリアで、4都市を周りました。一番最初に行ったのが、スコットランドの首都エディンバラ。で、そこから1時間ぐらいの街、グラスゴー。あと、その後にロンドンに移動して、ロンドンに滞在しながら、またロンドンから1時間ぐらいのオックスフォードという街に行って。だから、4都市ですね、に行きました。どの都市もね、とても好きなんですよ、私は。本当にやっぱりイギリスの雰囲気って、全体的に私のタイプ、好みなんです。まあ、みなさん想像がつくと思うんですけど、やっぱヨーロッパって街並みがきれいじゃないですか。それがやっぱり観光としての一番いいポイントだと思うんですけど、私がイギリスがすごいタイプだなって思うのは、他のヨーロッパの国行ったことないけど、やっぱりパリとかさ、パーンみたいな!きれい!ピェーンみたいな(?)イタリアとかもさ、教会バーン!きれーい!って感じだけど、なんかイギリスは、暗いのね。なんか、全体的に。これ別に、あれだよ?ディスってるわけじゃないよ。イギリスをバカにしているわけじゃないですから!イギリス人のみなさん、すいません!あのー、暗いんです。全体的に。なんか建物も暗いんだよね。なんて言うんだろうね?天気もさ、曇りばっかなの。だから、暗いの、全体的にどんよりしてて、私はそういうどんよりって感じの雰囲気がすごく好きなのよ。ダークファンタジーみたいな、イメージは。だから、私はエディンバラに到着したときに、エディンバラって、駅から降りてすぐ景色が本当に美しいんだけど、ちょっと暗いのね、どんよりしてんの。『Harry Potter』の世界で、魔法使えそうなエリア。魔法使いとかがいるような、ちょっとダークファンタジーなイメージだから、私がプレイした『Bloodborne』っていうホラーゲーム、ホラーっていうかゾンビ系というか、ちょっと怖いゲームがあるんだけど、それをすごい思い出して、ワクワクした。(*゚▽゚*)!!『Bloodborne』みたいとか、『Harry Potter』みたいな感じで、すごくワクワクして、私の本当にタイプ。ちょっと暗い、ちょっとダークな感じがすごく私のタイプでした。なので、全部の都市がすごい好きだったんですけれども、まぁ、まずはエディンバラですね。


スコットランド、エディンバラは、本当ね、観光地って感じだった。あんまね...住めるか?って言われたら住めないかな。エディンバラは。すごい美しいんだけど、住むのはちょっと...住む感じじゃないかも。なんかね、私がもちろん観光地しか入ってないってのもあるんだけど、エディンバラ(の中心)からちょっと離れたら、多分家がいっぱいあると思うんだけど、ちょっと車とかでバスとかで見てると、高そう。エディンバラ、めちゃくちゃ。高級な感じがしましたね。でも、街はきれいでした。基本的にバスとかもいっぱいあるから、便利かもしれないけど、観光かな?って感じ。でもね、すごく落ち着いて、良かったですね。でも、観光客マジ多かったね。


グラスゴーは、反対に、住む街っていうイメージだった。観光ってよりは、「住めるな」っていう。大きい電車の駅があったり、バスももちろんあるし、エディンバラって、お土産屋さんとか、そういうちょっと観光客向けのお店が結構多かったりするイメージあったけど、グラスゴーは、もう駅のすぐ近くに...普通に住んでる人が利用するようなお店とか会社とか、新しいビルもあれば、古い建物もあるみたいな感じで、住みやすそうなエリアだなと思いました。結構ちっちゃい町でね。だから、「スコットランドでどっちに住むか」って言われたら、私はグラスゴーに住みたいなって、ちょっと感じましたね。エディンバラはね、街はね、統一感がある。やっぱ古い建物がめっちゃあって、本当に綺麗なんだけど、「住めるか?」って言われたら、「住むの難しそうだなー」っていう気持ちはありました。


で、料理ね。やっぱ食べ物ね、スコットランドの料理はね、結構ヤバいってよく聞くんだよね。ハギスとかね。私、食べましたけど。でも、想像以上に美味しかったですよ。私的に。私は食べたハギスは、ネットで検索したら出てくるようなああいうハギスじゃなくて、おしゃれハギス。“おしゃハギ”って呼んでるんですけど、おしゃハギだったので、おしゃハギは美味しかったですね。すごく。でもやっぱりちょっと...食べ物にはちょっと困りそう。アジア人の人、特に。米とかあんまりないし。どっちかと言うと、ヨーロッパ系の食べ物が中心なんで。あと、ハンバーガーとかね。食べ物は、ちょっとしんどいなーって思いましたね。でも、別に美味しくないとかじゃない。本当に美味しかったと思います。フィッシュアンドチップスを食べたし、すごく美味しかった。


で、あと次ね、その後、ロンドンに移動して。やっぱね、ロンドンはやっぱ大都市だね。何でもある。何でもあるし、地下鉄もめっちゃあるし、バスもめっちゃあるし、ちょっとそこに行ったら、コンビニみたいなところもあるし、本当に便利。東京を感じた。ちょっと東京感じました。東京と比べると、街並みは、やっぱりちょっとクラシックな雰囲気と言うか、“THE イギリス”だよね。Harry Potterみたいな感じで、新しいビルとかもあるんだけど、古い建物とかも結構いっぱいあって、ロンドンのちょっと郊外に行くと、もうなんか...古い家とかがバーっていっぱいあって、Harry PotterのDudley家族が住んでそうなPrivet通りみたいなところもあって、街が統一されていて、やっぱ美しいなと思いました。日本の家って統一感がないから、古い家もあるけど、新しい家もあるし、超つまんねーお豆腐みたいな家とかもあるじゃん。四角。ドア、ボン。窓、イェイイェイイェイみたいな感じの...虫...(※虫が飛んでいました)だから、統一感があって美しかったですね、ロンドンは。想像以上に、いろんな国の人がいたと思う。いろんな国っていうか、いろんな人種の人がいました。私はイギリスに行く前は、イギリスって言ったら、“THE イギリス人”みたいな人がいっぱいいるのかな?とか、髪の毛赤いですみたいな人がいるのかなと思ったけど、すごいいろんな人種の人がいて、1年前に行ったカナダより、すごいいろんな人がいるなっていう感じを受けましたね。それは、すごい好印象でした。だから、旅行中に会った日本語の先生で、ゆ〜こ先生って言う方がいるんですけど、その先生とも話してたんですけど、旅行客だけど旅行客っていう感じがしない。なんか溶け込める、街の雰囲気に溶け込める感じがする。アジア人がポンって行っても、違和感がない感じ。それすごい良かったと思いますね。まぁ、実際のところわかんないですけど。実際、住まないとわかんないと思いますけど、見た感じね。


ただね、やっぱね、地下鉄ね、いっぱいあるんだけど、汚い。地下鉄掃除して、マジで。掃除して!そ・う・じ!本当に!ホコリなのかな? 何だろうね?私、鼻水止まんなくなっちゃって。アレルギー発症!地下鉄掃除して!あと、バス。窓拭いて!窓拭いてください!それだけ。ロンドン。あと、高い!高すぎる!ロンドンはね、住めるけど、住めない。住みたいという気持ちはあるけど、家がたぶん相当高い、から、住めないなって思いました。あとね、まあ、いいところでもある、古い建物があるって言うのはいいところでもあるんだけど、部屋はやっぱ古いから、ちょっとホテルとかAirbnb(エアビー)とか泊まったんですけど、古くて、「古いなあ〜」っていう感じでした。それが好きって人もいると思うんだけど、私はきれいで新しい家が好きだから、ちょっとなぁ...と思いました。でも、ロンドン、私は大好きだと思います。


あとオックスフォードはね、オックスフォードね、ちょっとね残念だったのは、雨だったんですよ、私が行ったとき。だからね、全然観光できなくて。しかも、なんか...大雨。ガチ雨。足とか、ずぶ濡れになっちゃって。デニム履いてたんだけど、デニム半分ぐらい色変わるぐらい雨降ってて。でね、オックスフォードはね、街はそんな大きくないと思うんだけど、全部が大学みたいな感じだった。街を歩いてると、どこまでが大学、オクスフォード大学なのわかんないぐらい、大学の入り口がめっちゃくちゃいっぱいあって。その大学の入り口の間にお店とか家があるみたいな感じで、不思議な街でしたね。まぁ落ち着いていて、街並みも綺麗だし、まぁね、美しかったんですけど、観光客がね、めちゃくちゃ多いから、あそこ。特にね、Christchurchは、Harry Potterの撮影地とか、Harry Potterのモデルになった場所なので、めっちゃ観光客の人がいるから、住んでる人、ストレス溜まりそうだなって思いました。オックスフォード。まぁ、もっとね、もし天気が良かったら、もっとね、散歩したかったんだけど。でも、なんかいい雰囲気だったなと思います。どうでしょうか?イギリスの方。これを聞いて、私の意見はどう思いますか。


ご飯ね、一番やっぱご飯は、イギリスの評判悪いよね。私は、思った以上に美味しかったけどね。特に、ロンドンだと、やっぱいろんな人がいるから、いろんなご飯があって、美味しかったです。日本食は美味しくなかったけど。エディンバラで食べたラーメンは、マジでまずかったんだけど。でも、ロンドンで食べるラーメンは、美味しいっていう評判もあったりするから、やっぱロンドンなのかな、住みたいのは。でも、高すぎて住めないっていう現状かな。いかがでしたでしょうか?私はもう一度イギリスに行きたいって思いました。それぐらい好きだし、タイプな街だった、タイプな国だったなと思います。なので、今私のVlog、旅行ビデオを作っています。たぶん、結構あると思う、量が。なので、お楽しみに!じゃ、今日はイギリスの話でした。


今日話した話、またTranscriptを作りますので、私のウェブサイトをチェックしてみてください。あと、Twitter、Instagram、Youtube、こちらもフォローお願いいたします。最近、TwitterとかInstagramとかYoutubeとか一生懸命頑張ってるので、よかったらフォローして、いいねとか押してください。応援お願いします!なんで頑張ってるかって言われたら、今まで頑張ってなかったっていう話なんだけど、いろいろね、新しいプロジェクトとか、いろいろやりたいことがいっぱい出てきたので、そのためにはね、やっぱもっと見てくれてる人を増やさなきゃいけないなっていう気持ちがあって、今一生懸命やってます。まあ、TOMODACHI ClubのMeetupイベントも、11月18日台北、12月8日福岡でやりますので、まだチケット売ってますので、参加できる方、ぜひお待ちしております。台風と福岡のイベントでは、できれば日本人とか、日本語の先生とか呼んで、楽しい会にしたいと思ってますので。あとね、もう一つ軽いお知らせなんですけど、ちょっとYoutubeの名前を変えようと思っています。『Next Step Japanese』っていう名前なんですけど、これを『Haru no Nihongo』に変更します。理由はですね、いろんな名前がありすぎてよくわからないので、統一しようという感じです。なので、『Next Step Japanese』は消滅します。さようなら。今までありがとう。3年ぐらい。これからは『Haru no Nihongo』というチャンネルなりますので、みなさんお間違いなく。あと、Patreonのメンバーも募集しております。Patreonもね、ちょっとシステムを変えて行こうと思ってますので、お楽しみに。あとは、レッスンですね。会話レッスンとか、シャドーイングコースの新しいメンバーを募集しておりますので、ぜひ話したい人とか、発音を頑張りたい人がいたら、ぜひ参加お待ちしております。詳しくは、私のウェブサイトをご覧下さい。はい、そんな感じです。まぁ、早く時差ボケが治って...。時差ボケなのかもよくわかんない。シンプルに、夜寝れなくなってるだけじゃない?っていう気持ちもあるんですけど、もう1週間経つからさ。長いじゃん?もう10月になりましたからね。頑張っていきましょう!っていうことで、また次回!さようなら〜!


<言葉>

時差ボケ

詳しく

都市

周る

首都

雰囲気

全体的に

街並み

バカにする

どんより

高級な

反対に

統一感

郊外

人種

溶け込む

違和感

ホコリ

発症

拭く

相当

評判

ご覧ください

想像がつく

ディスる

ストレスが溜まる

上の言葉の意味はこちら



Meet UP Event【TOMODACHI Club】


The Real Japanese Podcast! Official Goods


Japanese Shadowing Course


↓オンラインコミュニティ、ボーナスコンテンツはこちら

Join my online community!

Get exclusive content!


↓コーヒー買ってくれる方はこちら☕️

 とっても喜びます。


Question Box

テーマのリクエスト待ってます



Podcast


Apple Podcast

Spotify


Instagram


Private account

TOMODACHI Club Account


Twitter


閲覧数:612回0件のコメント

Comments


bottom of page