top of page
  • 執筆者の写真Haruka

EP-234 おもしろい趣味がいっぱい!りつさんにインタビュー🎙️🥪RitsuSan Interview: Lots of Interesting Hobbies!


はい、えー、みなさんこんにちはー!お元気ででしょうか?はーいヽ( ̄▽ ̄)ノ

R)こんにちはー!ま、今日はね、あのー、見ての通りわかると思うんですけど、えー、ゲストをお迎えしております!イェーイ!初めてですね!はーい、ドキドキ!よろしくお願いします!今日はですね、私がやってるSunny Side Japaneseっていう会話クラスがあるんですけど、えっと、そのサービスに4月から新しく入ってくれる先生。で、りつさんです!よろしくお願いしまーす!お願いします!りつさんはね、こういうPodcastとかYouTubeとか出るの全く初めてですよね?はい、なんかタレントになった気分です、今。H)そんな!?どうしよう有名になったら・・・。有名になるかもしれないね、かわいいから、りつさん。ま、あの日本語の先生なんでね、じゃ、簡単にちょっと自己紹介をよろしくお願いします。


はーい!えーっと、こんな感じですが一応日本語の先生です。名前は、りつです。えーっと、なんだ?出身は石川県で、でも大学から東京に10年ぐらいいて、で、去年から京都に住んでます。H)はい、いいですね。はいはいはい。そして、趣味は、あのーとにかくパンがめっちゃ好きなので、パン屋にめっちゃ行きます。週末はもうパン屋、絶対。なんか好きなパン屋行ったり、新しいパン屋行ったり、なんかめっちゃ並ぶパン屋に並んでみたり、

H)へー!京都とかパン屋多そうだし、いいですね!R)激戦区ですね。そっかそっかそっか。で、日本語の先生になる前のお仕事は?服のアパレルのメーカーで営業をしてました。

H)おー!全然違う!そうなんです。なんか服の会社って言うと、「いらっしゃいませ」みたいなイメージをすると思うんですけど、全然「いらっしゃいませ」じゃなくて、服を会社に卸すメーカーの営業。わかりにくい?H)へー!そっかそっかそっかなるほど。それで、日本語教師歴は今どのぐらいですかね?今...東京で2年くらい日本語学校で働いてて、その後、京都に来てオンライン始めたので、2年半ぐらいです。そっかそっか。まぁ私とりつさんの関係は、なんかちょっと不思議でですね、出会いは、私の知り合いの...えーっと、親族ですね?R)はい(笑)そう、だから直接知り合ってるわけじゃないの。知り合いの家族の方っていう、不思議な縁。R)そうです!家族と言っても、私のお姉ちゃんの旦那が...はるかさんの友達。H)義理の家族(笑)そうそうそう、私のその知り合い、元同僚ですけど、から、「なんか義理の妹が日本語教師になりたいって言ってんだけど」みたいな連絡が来て、「え〜?」みたいな、なんかちょっと私も先輩面して、「え、何でも相談聞くよ〜」みたいな(笑)いや、本当に。なんか会ったこともないのに、いろんな質問LINEでしまくって。H)いやいやいやいや。いつも優しく答えてくださってありがとうございます。

H)全然!いつも返信遅くて大変申し訳ない。いやいやいやいや、めっちゃ私も一方的にめっちゃLINEするみたいな。いやでもね、日本語教師になるって、なかなか周りにいないですよね。はい、全然いないです。H)いないよね。教師になりたいって人ってなかなかね、少ないと思うんで。そうですね。実は私の場合は、教育大学に行ってたんですね。H)はいはいはいはい。もともと小学校の先生になりたくて。H)おー!のりこさんと同じ感じだ!のりこさんもね、学校の先生だったんですよね。R)あ、そうなんですか?で、なんか学校の先生になるための大学に(行った)。H)そうそうそう、えー!じゃ、教員免許だ、持ってたの。R)そうですそうです。でも結局ならなかったん ですけど。H)そっかそっか。


え、じゃ、なんで日本語教師になったきっかけは何でしたか?(きっかけ)は、本当にあのー、すごい簡単...大した理由がなくて、恥ずかしいんですけど、すごい簡単に言うと、面白そうだったからっていう。H)うーん、いや、全然ね、そんなもんだと思うけどね。楽しそうとかね、やっぱ。R)そうなんです。なんかもともと小学校先生なりたくて、でも、ちょっといろいろなことがあって、やめて、で、普通の会社に入ろうって思ってたんですけど、なんか大学2年ぐらいのときに、1ヶ月だけアイルランドに留学に行って、で、なんかそこで、ほとんど遊びの留学なんですけど、なんかそこで、日本が好きな外国人にたくさん会って。で、その人たちが「めっちゃおもしろ!」ってなって。アイルランドでなぜ日本に興味を持ったかみたいな。R)そうそうそう!なんか日本ってすごい小さい国で、日本語なんて日本人しかほぼ話さないのに、日本語勉強してくれてて、なんか私より日本のこと詳しくて。H)なるほどなんかちょっと変だし、おもしろ、この人たちってなって、なんかもっと喋りたいなって思っただけ。H)へー!でも、そもそもなんでアイルランドを選んだんですか、留学は?なんかカナダとかオーストラリアは、夏すごい日本人ばっかりになるっていう。H)確かに!(っていう)のを聞いて、アイルランドは結構少ないよって聞いて、選びました。そうなんだ!夏に、じゃ、行ったってことか、アイルランド。R)そうですそうです。へー。海外にね、意外にやっぱいるんですよね、日本に興味を持ってる人。R)いましたね。なんか日本人からすれば、「え、なんで?」っていう。R)そうそうそうそう!なんでそんなことも知ってんの?みたいな。どうやって情報を得てる?みたいな、こんなちっちゃい国でさ、みたいな。R)そうそうそう、そうなんです。そっかそっか、へー!それで、日本語の先生になりたいと。R)はい。


うーん、そうなんだ。でも日本語学校で働いてるときは、どういう日本語を教えてたんですか?どういうクラス持ってました?もう本当いろいろで、最初はやっぱり超経験がない先生なので、一番教えやすい中級に入って、でもその後は、もうどんどん増えて、超級みたいなペラペラの人たちのクラスもあるし、本当ひらがなから勉強するクラスもあるし、いろいろ...。H)いろんな、すごくとってもいい経験を積んだって感じで。本当に、それは本当にありがとうございますっていう感じです。でも、日本語教師になりたてのときとかって、なんか大変なこととかありました?いや、めっちゃありました!思い出せば、いっぱいあった?R)めっちゃありました!特に言うなら、やっぱり日本語学校なので当然なんですけど、まぁ初級クラスって言っても、もうレベルが全然違う人が同じコースにいる。H)うわ!超わかる!私もあったそれ!それがやっぱりベテランの先生に言わせてみれば、ちゃんと、それ当たり前の話だから、なんかそれぞれに合わせすぎないけど、でもそれぞれちゃんとゴールを、ゴールを設定してやるみたいな感じなんですけど、全然もううまくいかなくて・・・。教科書は同じ教科書を使ってた?R)うんうん。あー、じゃ、一人の人にはすごい簡単って思ってたけど、それがぴったりのレベルの人もいるし、難しすぎるみたいな感じの人もいた、この空間にね。R)そうですそうです。そうだね、確かに難しいですよね、そういうのは。もうこっちではすごい盛り上がってるけど、こっちでは何をすればいいのかわからないっていう状況。H)うーん、そっかそっか。で、この辺からなんか英語の、超スピード英語の質問がパンパンパンって飛んできて、私「あぁぁぁ」。それは私もわからないみたいな(笑)ごめんなさい、もう1回お願いしますっていう。H)あ、そっかそっか、へー!でもどんな国の方が多かったんですか、日本語学校では?あの、たぶん私がいた学校は、特にいろんな国の人がいる学校だったと思います。結構学校によっては中国が多いとか、東南アジアが多いっていう学校があるんですけど、私の学校は本当いろんな、1クラスに10カ国ぐらい。H)あー、バランスがいいっちゃ、いい感じかもね。本当にそうでした。R)そっかそっか。それはすごくいい経験かもしれない。なので、アジア系、中国の方とかだと、漢字のほうがわかるから、漢字で説明したり、英語圏の人たちは英語の方がわかるとか、それが結構面白いですけど、難しかった。H)確かに確かに。いやでもそれって、

もう本当に日本語学校でしかない経験できないことですよね。クラスに何十人ってね、同じ空間にいろんな国の人がいて、いろんなレベルがいて、みたいな。R)本当そうです。


そっかそっか。じゃ、2年半(ではなく2年です!)それを経験した後に、今フリーランスさんですになってるってことですね。今でもどんな、フリーランスでは、どういうクラスを持ってるんですか?あのー、完全に1対1のオンラインレッスンだけです、今は。プライベートだ、完全に。R)そうです、はい。プライベートだと、文法クラスと会話クラスって感じ?そうですね、一応もう最初のレッスンで、どんなレッスンしたいか聞いて、で、まだ中級まで行ってない生徒さんだと、やっぱり文法をちょっと積み上げる。教科書使うようなレッスンをしたり、会話だけの上級の生徒さんもいたり、あとは、もっと読んだりしたい学生さんは、生徒さんは宿題で読んできて、レッスンでそれを使って勉強する。H)んー、はいはいはいはい。いいですね、やっぱりフリーランスになるとね、一人のね、学生にフォーカスできるからいいですよね。大変さはまた違いますけど。そうねそうね。フリーランスは、またそれはそれでまた大変なことがいっぱいあるんですけど。けど面白いです、本当に。そっかそっかそっか。でも、学校で働いてフリーランスになったその理由は、何かあるんですか?学校で働いてフリーランスになった理由?えーっと、これはなんか物理的な理由なんですけど、あの私、結婚してるんですけど、H)あ、おめでとうございます!おめでとうございます!あ、ありがとうございます!旦那さんが転勤になって、東京から京都に引っ越さなきゃいけないってなったんで、これをきっかけに、どこでも働けるようになろうっていうことで、おー!もう京都の日本語学校を探さずに、もうフリーランスになろうっていうのを決めた。R)そうです!でも、いつかはなりたいなって、最初から思ってて、なんかどこででも働ける働き方がまあ日本語学校の良さもありますけど、やっぱりあんまり好きじゃない部分もあるので、こっちの方に...。H)なるほど。挑戦したっていうことですね。でもフリーランスになって、一番大変な事って何ですかね、今?一番大変なこと?うーん。でも今はやっぱり普通に教材作り。H)あー!そのレッスンの教材を、確かにね、フリーランスだと全部自分で作りますよね。R)はい。特に、今まで日本語学校、私の学校は、これも珍しいかもしれないんですけど、あの、自分で作る必要が全くなかったんです。H)はいはいはい、いや、いい学校だと私は思う。その授業準備っていうのに、あまり時間をかけないようなシステムだった。なので作ったことがなかったです。H)そっかそっか。先生あるあるね。日本語学校での授業準備がすごく大変だっていうのは、日本語学校の先生はよくある問題、悩みなんですけど、それがなかった。幸せ!逆に今の方が多くなってる、準備をするのかっていうのね。R)はい。


でも週末は、じゃ、そのパン巡り?仕事してないときは、基本的にパン屋を巡ってる?基本的に(笑)H)パン屋を巡ってる。絶対土日どっちかはもう朝どっかのパン屋に行く。え、でもいいかも!ちょっと憧れる。なんか毎朝なんかどっかの近所のとか、美味しいパン屋さんに行って、ちょっとモーニングみたいな、食べるみたいな。R)はいはい。あの、そういう平和なことももちろんありますし、あのー、結構異常なので、東京にいたときは、なんかめっちゃ人気のベーグル屋さんに、寒い寒い朝2時間ぐらい並ぶとか。H)平和じゃないパン巡りがあるんだ。パン巡りってなんかだいたい平和なイメージがあるんだけど。修行みたいな(笑)私もなんかパン屋巡り、東京でパン屋巡りしたことがあって。人がいっぱいいるよね、やっぱ東京って。しかも週末ね、おしゃれな人気なベーカリーみたいな、なんか表参道とかあそこらへんのパン屋巡って。あと思った以上に、そんなパン食べられないわみたいな感じで(笑)一軒、二軒で終わったけど、私は。そうです。あのー、巡ると言っても、なんか買いだめ。あー!で、持ち帰るんだ!冷凍!綺麗に冷凍する。H)あ、冷凍するんだ、パンを。でもなんかどんなパンが好きなんですか?ベーグルが一番好きです。あっ、ベーグル!R)はい。あんまなんか日本って、あんまベーグルの文化ないですよね?いやいやいや、ありますあります。H)あ、ある?そうなんだ!私見てないだけ?目に入ってないかもしれない、ちょっとベーグル。もう人気店は東京にもいっぱいありますし。そうなんだ!たまに売ってるの見るけど、やっぱあんまり買わないね、ベーグルは。たぶん、はるかさんが見てる、例えば、駅とかコンビニに売ってるベーグは、あのー、ごめんなさい、ベーグルじゃないです。あれは、偽物?偽ベーグル?そのベーグルの会社さん、本当ごめんなさいなんですけど、あれは、ベーグルじゃない。ベーグル専門店のベーグルがやっぱ美味しいということだ。R)そうです。なんかそれこそニューヨークで修行した人がやってたり。確かに、ニューヨークベーグルのイメージ超あるね。てかアメリカは、なんかやっぱベーグル。カナダに行ったとき、やっぱみんなベーグル食べてたな。そういえば。私もニューヨークに行ってベーグルに恋して、H)へー!そこからです。H)そっかそっかそっか、ベーグルね。じゃ、ちょっとなんか調べてみよう!東京でベーグル屋さん!あのー、私に何でも聞いてください。H)確かに!なんかおすすめ、なんか日本に来てね、パン屋気になる方、じゃ、りつさんに聞いていただければ。本当に。今日調べたら、Googleマップ、Gマップにピンが500ぐらい立ってました。パン屋だけで?R)パンだけ。すご!R)あの、全国ですよ。でもなんかすごいな!そんな一つのことをこう...できるのって本当尊敬する。私も初めてです、こんなこと。え、パン趣味歴は何年ぐらいなんですか?え、でも、意外と短くて、えーっと、そのー、ニューヨーク行ったのが卒業なので...ま、年齢バレる。6年ぐらい!いや、長い長い、十分。6年もパン屋巡りしてたら、そりゃ長いわ。すごいな。そっかそっか。まぁね、京都とか東京でのおすすめのパン屋があったら、ちょっとぜひね教えてください。本当に。R)本当に言ってください。パンはね、美味しい。でも日本のパンで一番好きなのなんですか?じゃ、おすすめの日本のパン。日本のパンと言われると難しいんですけど、なんか、THE 日本のパン、例えば、メロンパンとかカレーパンとかそういうのは、食べません!食べません(笑)結構硬めの海外の硬めのパンね。まさに硬いのが好きです。H)そうなんだ。顎がもう取れるよみたいな感じのね。R)そうですそうです。バゲットとか好きです。そう、いやでも全然違うよね。なんか日本のパンってなんか全然違う感じがする。柔らかくて、なんだろ?惣菜パンとか甘いパンとかなんかパンだけどパンじゃない気持ち。なんか食べてる気しないんですよね。そもそも、なんかこれ食べるっけ?みたいな。これ何?みたいな感じの気持ちになる。そうなんですよ。なんか硬い方がよく噛むし、食べてるわーっていう(気持ちになる)。よく噛んでるわーっていう。R)そうそうそうそう。よくわかんないですよね、本当に。でもそれは旦那さんも同じ趣味を持ってる?R)あ、そうなんですよ!あー、それは素晴らしいね!じゃ、2人で楽しめるって事だ。そうなんです。もうそれが本当に良かったって感じです。すごい。もともと旦那さんも出会う前からパン好き?あ、パン好きでした。H)えー!ケーキ屋の息子なんですけど。じゃ、生粋のなんかそっち系だ!パンとかスイーツとか。もともとかわかんないんですけど、まぁ、なんか出会う前から、普通に美味しいパン食べに行ったりとかはするタイプ。そうなんだ。私ほどじゃなかったですけど、私のせいでどんどんこう....。はいはいはい。深く趣味を進めていった感じで。R)はい。いいですね。京都はね、なんか美味しいパン屋さんいっぱいありそうだね。

R)めっちゃあります。毎日1ピン📍ぐらい増えていってます。H)えー!そんなに調べる、そんなあるんだ、っていうか。そっかそっか。でも家でパン作ったりはしないですか?ベーグルとか。あのー、したことはあります。おー。ということは?したことはあるんですけど、やっぱり買った方が美味しい。あー、そりゃそうね。そうね。私は作ったこともないんだけど、想像すると、(家で作ると)焼きたてを食べられるよね。あったかいやつ。それは、それはそうですね。H)それはメリット?ホームベーカリーのメリットかな?ですね。でも、ただただ面倒くさくて、そこまで美味しくないっていう。めっちゃ正直(笑)そうなんだ。そっかそっか。そう、私ももうちょっとでね、フランスに。パンといえばフランスっしょ?急にマウント取ってきましたね。H)かぷーって!かぷーってやった写真を送るわ、じゃ。本当羨ましいです!でもやっぱ、バゲットがね、違いますよ、絶対。そうなんだ。あんまりこだわったことがないから、もちろん楽しみだけど、本当に違うのかちょっとなんか検証してくる。検証...でもしようがないじゃないですか。知らないから。ちゃんとじゃフランス行く前に、日本のバケットを買って、かぷってして、ふーんって、覚えといて、フランスでかぷってする。R)覚えといて(笑)東京のバケットが美味しいパン屋さんを後で教えるので、H)確かに!それと検証をお願いします。そうねそうね、確かに確かに。了解しました!R)真面目に真面目にお願いします。真面目にね。はい、わかりました。すいません、パンの話ばっかになっちゃう。H)あ、いやいやいや。


でも、他になんか、その休みの日なんかやったりします?私の趣味はわかりやすくて、パン、古着、銭湯、あとは旅行ももちろん。そっかそっか、古着ね。古着か。日本の古着好きな人結構いるよね、外国からも。あ、そうなんですか?私の生徒さんで何名かいる。古着興味あるというか、日本に来たら必ず古着屋さん行くとか、ヴィンテージショップ行くとか。まだ出会えてない。結構日本、古着屋さん結構ありますよね。めっちゃあります。ね、古着文化かなり浸透してる気がする、日本では。あ、そうなんですか?H)うん。なんか旅行とか行ったら、絶対その土地の古着屋さん探して行きますね。その土地のパン屋と古着屋さん。楽しそう(笑)そっかそっか、なんか東京だとね、その下北沢とかさ高円寺とか中野とかね、原宿とかにもねいっぱいあるから、ね。R)あります、あります。結構古着いいよなって。私はあんまりたくさんは買わないけど、古着は。たまーに行くといいなと思う。なんかちょっといいブランドじゃないけど、新品の服と古着をなんか合わせたりするのが、なんか楽しい。確かにね。そっかそっか、で?銭湯!銭湯はね私も結構...行く!趣味とまでは言えないけど、銭湯好きっていうか、温泉好きだから、大きい風呂好きだしみたいな感じ。私も毎週週末は絶対行くんですけど、H)へー!なんか水風呂が大好きです!お?え?水風呂だけ?サウナが好きとかじゃなくて?水風呂に入るために、サウナ頑張るみたいな!目的違くない?サウナが目的じゃないんだ。水風呂が目的なんだ。水風呂がないお風呂だったら、行きません。H)え?逆に?ほとんど1回も入ったことない水風呂。今度ちょっと...。

H)寒いもん。そんな...(笑)そんな、心臓止まっちゃうから!冷たいと!びっくりしちゃう!そうなんだ。でも週末はいつも行きつけのところに行くのか、それとも、それも巡る?いや、もう完全にこれは行きつけです。じゃ、いいところ1個見つけて、そこに行くんだ、毎週。あのー、家から一番近いところに行きます。H)はー、そうなんだ。なんか昭和のおじさんスタイルみたいな感じ。本当にそうです。やっぱお風呂はあったかいうちに帰れないとダメだから。H)いや本当、湯冷めしちゃうからね。私も銭湯...やっぱなんか、私も旅行、一人で旅行とか行くと、必ず近くの銭湯とか探す。絶対。R)あー、いいですねー!で、なんかおばあちゃんとかに囲まれながら、一人で入るっていう。R)そうそうそうそう、私も毎週...、なんか京都って、実は銭湯めっちゃ多くて、H)へー!結構有名なんですけど。H)へー!しかも、東京だと、500...ちょっと忘れちゃった500...。H)540円とか20円。で、基本的にサウナは別なんですよ。確かに!別料金取られる!私サウナ入んないけど、いつも。高いなーっていつも思う。R)そう!なんですけど、京都は490円でサウナ基本的に込みなんです。H)あー、そうなんだ!それはね、お財布に優しい。かなり。人気なところもいっぱいあるんですけど、そこだと、なんか若者がいっぱいいて。若者なんだけど、若者がいっぱいいんだよね!嫌なんだよね、わかる。ちょっと嫌だから家の近くのおばあちゃんしかいない...。富士山の絵とかちゃんと書いてある...。R)そうそうそうそう!ちょっとおばあちゃんに話しかけたりして。H)そうそうそう!「あ、こんにちはー」とか言って、地元の人のふりをする、いつも。R)そうそうそうそう!それが楽しい。


でも、じゃ、ちなみに、銭湯入った後に何を飲みますか?すいません、飲みませんね。H)えー!?そのまんま?喉渇かない?あの、水、持参で行きます!R)水なんだ!私は結構牛乳...やっぱ銭湯の後の牛乳が好きで、それを楽しみに銭湯に行く部分がある。いやーわかります。すごい好きです、私も。でも、水なんだ。H)はい。なんか、スーパー銭湯とか行ったら、コーヒー牛乳ですね。H)そうね。あの瓶のやつがあると、やっぱ買っちゃうね、私はいつも。でも、毎週行く銭湯は、私基本的にジョギングした後に行くんですね。H)あー、なるほどね!で、めっちゃ喉も乾いてるし、あと、なんかコーヒー牛乳で結局カロリー...。確かに、カロリー摂取、あとまた喉乾くのね、あれ甘いから。R)そうそうそうそう、そうなんです。それがなんかもったいない気がして、我慢してます。H)ストイック。その分、水をバーって!アスリートみたい(笑)謎のストイックさ(笑)すごいな。ジョギングして、銭湯入って、水飲んで、帰るみたいな。たまに、帰って、ご飯食べた後、アイス食べるみたいな。H)意味なっ!全然意味がない!まぁ、でもそう。食べたくなっちゃうんだよね、銭湯のあととかって、なんか。私もよくなんか、プールとか銭湯とかによくあるセブンティーンアイス。あれ欲しくなっちゃうんだよね。あると絶対買いたくなっちゃう!H)ね。なんだろうね、あのセブンティーンアイスの魅力。みなさん見たことあるかな?R)え、あるかな?なんか絶妙なタイミングで現れるんですよね。H)そうそうそう!ちょっと珍しいんだよね。子供の時によくプールの終わりとかに食べてたのが、あのセブンティーンアイスね。ね。わかるわかる。そうそう。駅とか。H)そうそう!「え!ある!セブンティーンアイス!」みたいな。「珍しい!」みたいな。そっかそっか。


で、旅行も好きなんだね。R)遊ぶ旅行も好きです!なんか今年旅行に行く計画とかありますか?今年は来週韓国行くんですけど、2月にメキシコに行きました!もう行ってきたのか。R)行ってきました!へー!すごい!どうでしたメキシコは?面白かったです!どこですか?街は?メキシコの。メキシコシティとカンクン。H)あー!2つともね、やっぱ大きい街ですね。大きい町にやっぱり、中南米初めてスペイン語圏も初めてだったので、まずは大きいところにちょっと行ってみようと思って。H)なるほど!何が良かったですか、メキシコ?えー?何が良かった...。やっぱりでも、ご飯はもちろん美味しいんですけど、なんか人がみんな意外にって言ったらあれですけど、なんか親切?あー。ちょっとやっぱ怖いイメージとか治安が悪いイメージがある?危ないイメージがある?ごめんなさい、やっぱちょっとありました。H)ありますよね!それはなんか事実であると思う、私は。多分街によってもね。でもやっぱ明るい部分とかもあるって感じかな?親切とか。意外とみんな頼んでもないことやってくれたり、なんか喜んで手伝ってくれたりする。H)素敵!いいですね、あまり東京とかではあまりそういう体験はできないからね。R)はい、そうなんです。あとは、やっぱ何より海がもう異常に綺麗でした!H)そうなんだー!レベチ。H)レベチだった?そんなに?へー!メキシコ行きた...なんか実は、今度、YUYUさんって今メキシコに住んでる日本語の先生、有名な先生がいらっしゃって、実は、もう撮影したんだけど、メキシコの魅力をYUYUさんに教えてもらうというビデオを撮って。今度アップするんですけど。だから、メキシコ行きたいなみたいな。本当に思ってて。いつか行きたいけど。メキシコのほんの一部しか私はまだ知らないですけど。それでもやっぱり一回行っただけでもやっぱ素敵だったんだ。素敵でした。H)いいですねー!行きたいな!でもまあ、いろいろハプニングはもちろんありましたけど。総じて。H)何?一番ヤバいハプニングなんでした?一番やばいハプニングは、私が乗った船が沈みそうになったことです。やばい(笑)命の危機!そりゃ危ない!リアルにやばかったです!初めてライフジャケットを着ました!もう出たってこと?(船の)外に?完全に海のど真ん中で船が止まって、H)うーわ。本当は15分ぐらいで着くところを海の真ん中で2時間。H)え!これぐらいの揺れの(笑)H)こうやって進めー!!ってみんなで(笑)揺れがもうザバーンザバーンザバーンって。H)やばーい!こわ!死ぬかと思いました。え、天気が悪かったのに出向しちゃったっていう感じかな?無理しないでって。そこは無理しちゃうんだなーっていう。ちょっと勢いで行っちゃうんだなっていう。そっかそっかそっか。経験として...。H)良かった、無事に帰ってきてね。でもその時もやっぱクルーたちがめっちゃ焦ってて、スペインでめっちゃ...。H)焦ってるの伝わるのやだなー!走ってるんですよ、バタバタバタバタバターって。H)やばいやばい!止まった止まった!みたいな(笑)説明も全部スペイン語だったので、それが一番もうパニックでした。もう何が起こってるかわかんない。H)確かに!とりあえず、すげー焦ってるし、

船止まってるしみたいな。何言ってるかわかんねーしみたいな。そりゃやばい。とにかく気持ち悪いし。H)わー!揺れて?そりゃ辛いわ。H)最悪でした。なんかアドベンチャーでしたね、メキシコ旅行は。R)本当本当。今となっては笑い話。H)笑い話。いいなぁ。そっかそっか。まあまあ、すごい普通にしゃべっちゃってごめんなさいね。R)すいません。すいません。


いやいや、最後にね、Sunny Side Japaneseに参加していただくということで、4月からりつさんは参加していただきますね。R)はい!ということで、りつさんが担当するクラスは初中級中級上級すべてのレベル担当していただくんですけど、どんなクラスにしたいっていうのはありますか?難しいですね。どんな会話、1時間の会話クラス、グループ会話クラスね。まあ、なんか当たり前みたいな答えになっちゃうかもしれないんですけど、やっぱりみんなが心から知りたいと思って質問したり、心から話したいと思って話す。心から興味が出るようなクラス。R)そうそうそうそう!練習のために話してるじゃなくて、なんか本当に聞きたい本当に話したい。H)なるほどなるほどただ日本語学習のために参加するのではなくて、もっと深い経験ができるようにっていう感じ?結局なんか日本語も(会話の)方法でしかないと思うので、「レッスン終わった後にいっぱい日本語話した」も、もちろん大切なんですけど、なんか日本語使っていいコミュニケーションできたなぁ。これを学べた、新しいことを学べたなーとか楽しかったなーとかそういう経験?そういう方がなんかいいな。そうね、一石二鳥ですよね!完全に。確かに!私もでもそういう気持ちありますね、やっぱ。せっかくね、1時間使うんだったらね、なんか練習だけじゃなくて、人生においてもいい時間だったなみたいな1時間を過ごして欲しいですよね。R)うんうんうんうん。なんかマンツーマンのレッスン、会話のレッスンしてても、私自身すごい興味を持って話せたときって、なんか終わった後の「すごいこのレッスン良かったな」の感じ。楽しかった、「こういうことあるんだ」みたいな、逆にね、勉強になる時も結構ありますよね。先生として。

R)ありますありますあります!確かに確かに。楽しみですね!ぜひそういうクラスSunny Sideでもしていただけたらと思います!R)頑張ります!イェーイ、頑張ろう!R)みなさん、レッスン来てくださーい!


スケジュール、もうね4月のスケジュールも公開してるんで、興味ある方は、今ね、無料トライアルで1回レッスンプレゼントしていますので、ぜひりつさんのクラス予約して見てください。はい、お待ちしております!R)お待ちしております!相変わらずね、10%の割引クーポンもまだ配布中なので。一応4月いっぱいまでは配布する予定なので、みなさん会話練習したい、そしてね、楽しくね、有意義な時間を過ごしながら会話を練習したい方、ぜひSunny Side Japanese参加お待ちしておりますので。りつさんもね、これからもよろしくお願いします!R)こちらこそよろしくお願いします、お世話になります。次はね直接会えるといいんだけどね。R)あの、はい、会いに行きます。地味にね、京都と東京って、地味に遠いんだよね。大丈夫です大丈夫です。行きます。じゃ、あの、ベーグル食べるついでに。R)あー、確かに!ついで?ベーグルのついででいい。ベーグルのついででいいから。R)違う違う!はるかさんのついでにベーグルは食べますけど。またじゃ、コラボ、また来ていただけたら嬉しいです。R)あ、ぜひぜひ。こんな無名でよろしければ。H)いやいやいや。よろしくお願いします。ホームページにりつさんのプロフィール載ってるので、ぜひチェックしてみてください。はい、じゃあ、今日はありがとうございました!初めてのPodcastコラボ。ありがとうございました!喋りすぎたんで、カットして...。H)いえいえいえいえ!全然全然!面白かった私も。R)ありがとうございました。じゃ、みなさんまた。さようなら〜!また次回!はーい、またねー!R)さようならー!バイバーイ!


りつさんInstagram

@jt.tajipan


🇯🇵Japanese Speaking Class/Sunny Side Japanese🌞

Get a Free Trial Class!


<単語/Vocabulary✏️>

激戦区

メーカー

卸す

親族

義理の

元〜

同僚

一方的に

教員免許

意外に

情報を得る

超級

経験を積む

空間

東南アジア

物理的な

転勤

教材

〜巡り

巡る

憧れる

異常

修行

冷凍

生粋の

検証する

浸透する

銭湯

心臓

行きつけ

湯冷めする

持参

中南米

魅力

沈む

一石二鳥

有意義な

⬇️上の言葉の意味はこちら/The meaning of the word is below

↓オンラインコミュニティ、ボーナスコンテンツはこちら

Join my online community!

Get exclusive content!


The Real Japanese Podcast! Official Goods


Japanese Shadowing Course


↓コーヒー買ってくれる方はこちら☕️

 とっても喜びます。


Question Box

テーマのリクエスト待ってます



Podcast


Apple Podcast

Spotify


Instagram


Private account

TOMODACHI Club Account


Twitter


閲覧数:455回0件のコメント

Comments


bottom of page