検索
  • Haruka

EP-47 日本の少子高齢化 The declining birthrate and aging population in Japan(N1)

最終更新: 2月16日

みなさんこんにちは〜!お元気でしょうか?はい、えーとですね。今日は、クエスチョンボックスに質問をね、初めて頂いたので、こちらについてお話ししたいと思います。初めてなんですけど、結構深い、結構っていうか、めちゃくちゃ今日本で問題になっているお話です。今日は真面目な話をします。真面目に答えます!


その質問なんですけど、えーっと名前がミュウーミさん?ミュウミーさん?女の方かな?ありがとうございます!こちら本当にありがとうございます。質問なんですけど、「はるか先生の意見を聞かせてください。現在日本では少子高齢化(少子高齢化)という深刻な社会問題が起きていると言われています。なぜ?この問題が起きていると思いますか?よろしくお願いします。」ということですね。深刻!この問題は、深刻!そうですね。いろいろちょっと調べたんですけど、原因とかいろいろあります。


少子高齢化ってなんなの?って感じなんですけど、少子は、子供が少ないですね。で、高齢化は、おじいちゃん、おばあちゃんが多いということですね。日本では子供が少なくて、おじいちゃんおばあちゃんが多いという問題があります。なんでこれがいけないの?っていう話なんですけど、若い人がいない、子供がいなければ、働く人もいないんですよ。おじいちゃんおばあちゃんがたくさんいれば、別に悪いことではないんですけど、おじいちゃんおばあちゃんは、病気にな?病気にね、なったりすることが多いので、病院のね、お金とかが結構かかるんですよね。あとは、介護とかね、そう。それでやっぱり、しょうがないことなんですけど、私たちは税金を払って、その病院のお金とかもやっぱ(払うことに)なるわけですよね。そうすると税金も高くなるし、おじいちゃんおばあちゃんが増える・・・増えるって言い方もあれなんですけど。多いことで、子供が少ないとやっぱり生活のバランスがおかしくなってるんですよね。働くのが少ないのに、働けない人が多くなってる。って言うことです。


で、まずは高齢化の方が簡単な問題と言うか、理由が結構分かりやすいので、まぁこちらから説明すると、高齢化は単純に子供が少ないから。割合的に。おじいちゃんおばあちゃんのパーセンテージ(%)が高くなってるということですね。あとは、これはいいことなんですけど、医療が発達して、医学ですね、病院がの技術が上がってるので、病気を治せるようになってるんですよね。特に日本の医療の技術とかって、結構高いので、長生き、人生100年!みたいな感じの、100歳まで元気だぜ!っていうおじいちゃんおばあちゃんが増えてる。っていうのでやっぱり高齢化が進んでるって言うのもありますね。別に高齢化が進んだとしても、子供が増えていればいいんですけど。まね、ちょっと人口が・・・うん。ちょっと多くなっちゃうんですけど。


なんで、子供が少なくなってるか。これが一番の原因になってるのかなと思うんですけど。まぁこれは最近始まったことじゃないんですね、実は。この少子化(しょうしか)って言うんですけど、子供がいないことが。少子化が始まったのが・・・違う。少子化っていう言葉が使われ始めたのが、1992年みたいなんですよ。なので、30年前ぐらい。結構前ですよね。から、その少子化という問題が、言葉になって出てきました。よくね、言われるのが、「最近の若いやつのせいだ!」とかね。「少子化が進んでるのは、最近の若いやつのせいだ!」とかね、言う、おじいちゃま、おばあちゃまがたくさんいるんですけど、本当は少子化が始まってるのは、1970年とか、60年とか。すごい前なんですよ。だから、私達の時代から始まったわけじゃない問題なんですね。徐々に、少しずつ、子供が減っているという状況が日本ではあるんですよね。


でも、なんで?っていうことなんですけど、一つ目の理由は、これは私は良いことだと思います。まあでも、少子化の原因になってしまってるというのは、昔に比べて女性が働けるようになったことですね。昔は皆さん日本に詳しい方が多いと思うんですけど、昔の日本だと、女性は働かずに家にいて、子供を育てるのと、家の家事、ご飯を作るとか、男の人の為に働け!みたいな、やれ!みたいな文化があったんですけど、今は、まあそうじゃないですね。私もこうしてフリーランスとして働くこともできてますし、私の友達でね、「結婚したから仕事辞めます!」みたいな人は全然いなくなりましたね。結婚してもみんな仕事しますし。いい意味では、仕事がね、女性の人は全然仕事をする時代になったということです。


まあその反面。それが理由で子供が少なくなってるということもあります。たまにね・・・前にもね、質問もらったんですよね。「最近の日本の家族、家庭では、やっぱり男の人が強くて、女の人が弱いっていうのはあるんですか?」って。まあもちろんあるところもありますが、これは多分日本だけじゃなくて、性格の問題っていうのもあると思うんですよね。男の人が「俺についてこい!」みたいなタイプだったら、まあそういう家庭もあると思うんですけど、基本的に、ほとんどの家庭が、平等だと思います。でも、どうなんだろうね?わかんない。私の友達は平等ですし、私のお父さんとかお母さんは、お母さんの方が強いですね。ママ強い!みたいな感じの家です。うちは。あんまり若い人で、20代、30代で、「女は働くな」みたいなこと言ってる人いないんですけど、40代、50代、60代の人達だと、まだそういう女の人を下に見るような考えを持ってる人はいますね。うん、いますいます。これはね時代の問題もあるので、仕方ないんですけど、そういう問題を持ってる人とか、そういう風に言ってくる人は、「はぁ?何言ってんの?」って感じなんですけど、「何言っちゃってんの?」っていう感じですけど、時代遅れだなとは思うんですけどね。まあそんな状況です。


で、別に世界で、日本はまだ女性が活躍する、社会に出るのは、できてるけど、他の国に比べると、全然まだ少ないですよね。だから、女性がね、働けるようになるのは普通だろと。他の国では、少子化が起きてないぞ!っていう風に思いますよね。まあそうなんですよね。


で、ここで来るのが、原因2つ目!制度が整ってない。国の子供を育てるための制度が整ってないんですよね。女性が働けるようになった、これは、いいことなんですけど、働いてから子供ができて、出産して、子供を産んで、もう1回働くっていう、このシステムがね、ちゃんとできてないんですよね。だから、働きたいから働くけど、子供産んでしまったら、もうなんかその世界、働くことができないと考えてしまってる人が結構多いですね。で、この日本だと、子供ができたら育休(いくきゅう)とかあるんですよ。育休っていうのは、育てるための休み。産休(さんきゅう)、子供を産むための休みですね。これが取れるのが、普通なんですけど。(休みが)取れるは取れるんですけど、取った後に、戻ってきたら、自分の仕事が無いとか、居場所がなくて働けなかった。っていう人とかもいるみたいなんですよね。だから、そういう不安もあるから、子供産むという事にネガティブな気持ちになってしまってるって言うのがあります。システムはちゃんとしてない。


男の人が子供を助ける、子供を育てるのを助けるっていうシステムも全然できてないんですよ。育休とかを取れるのが、女の人ばかりなんですよね。だから、男の人が「じゃあ、一緒に子供を育てたいから、休みを取れますか?」って言ったら、取れるところはすごく少ないですね。男の人の育休が取れない。なんで?って感じですよね。だって、子供を育てるのは、女の人だけじゃないじゃないですか。そういうシステムがまだまだ、日本の会社とか、政府でちゃんとできてないっていうのがリアルですね。もちろん、最近はね、やっぱそういう問題があるので、男性でも育休とかを取れる会社は増えてますけど、まだまだ珍しいっていうのがリアルです。現状です。子育てとか、家事とかは、まだ女性がやるのが当たり前っていうのが、あるんですよ。やっぱり。まだ日本には、女性は子供を産むということ、子供を持つということに、すごくネガティブなイメージを抱く人が多いと思うんですよね。実際、いろんな友達とか話してたり、私もね子供を産むっていう風になったら、ちょっと怖いこともあります。仕事できるのかな?ちゃんと、とか、一人で子育てとかしなきゃいけないのかな?とか、そういう不安が多いですね。


最近は、保育園(ほいくえん)。保育園っていうのは、仕事にね、お父さんお母さんが行くから、その間に預かってくれる、子供を預かってくれる施設ですね。だいたい0歳から、1歳くらいから、6歳ぐらいまでの子が行く保育園っていうところがあるんですけど。Nursery schoolかな?英語で。ここが足りないっていう問題もあります。だから、子供産んでも、この保育園に行くことができなかったら、仕事ができないじゃないですか。だから、お金の問題でも、ちょっと子供を産むのが怖いという人もたくさんいます。


現場、日本ではそ給料が下がってるんですよ。平均が。アベレージが。日本は結構経済の国みたいな感じで思われるかもしれないんですけど、どんどん悪くなってるですよね。だから、お金がないとか、あとは国ねシステムがちゃんとしてない。これが結構その少子化のね、原因になっています。一人が産む子供の数は変わってないらしいんですよ。なんだけど、そもそも子供を産む人が減ってるって言う感じですね。一人の子供を産む数は減ってないです。子供産む人が減ってるって感じですね。


で、ラストもう一つは、まぁ普通に結婚してない人が多いということですね。これは女性男性どっちもなんですけど、未婚の人、結婚していない人が増えているということですね。私はこれもいろいろ問題はあると思うんですけど。一番は国システムかなと思います。結婚をすることに対して、やっぱりネガティブなイメージを持ってる人が多いです。面倒くさいとか、結婚をしなきゃ子供を産んではいけないみたいなイメージがあるんですよね。結婚しないで、子供を産むってなると、やっぱバッシングじゃないけど、周りからちょっと批判されたりするのが、まだあるので、結婚しないと子供を産めないの?でも結婚するのも、システムがちゃんとしてないからしたくない!みたいな人とかも多いと思うんですね。だから、結婚しない人がいる、子供も産まない人も多いと言う感じですね。結構他の国だと、結婚しなくても、パートナーシップみたいな感じで、子供を作る人がいるじゃないですか。まだまだ日本だと、結婚して名前とかも一緒にしたり、書類を書いてなんかすごいめんどくさいし、結婚は一生ものみたいな感じのイメージがありますね。結婚したらもうそこから逃げられないんじゃないけど・・・っていうイメージが結構強いから、結婚したくない人男の人も女の人も多いですね。


あとは、もう最初の問題とかにもなるんですけど、女性がねやっぱり働けるようになって、結婚をする年齢もどんどん上がってるんですよね。30後半で、結婚して。でも、やっぱり遅いときに結婚すると、子供を産むリスク、体のねリスクが高まるじゃないですか。だから、結婚はするんだけど、子供を持たないという家族も多いですね。


原因1は、女性が働けるようになった。原因2は、女性が働けるようになったんだけど、国のシステムがちゃんとしてない。子供を育てる、子供を産むシステムがちゃんとしてない。3は、結婚したくない人、結婚しない人が増えている。結婚する年齢がすごく遅くなってる。この3つですね。うんまあね。全ては多分私は国のシステムだと思います。子供をちゃんと育てる安全なシステム、制度が整ってないことが、一番の問題だと思いますね。だって、結婚が多分遅くなってるのも、結婚早くして、子供産んだら、もう仕事に戻ることができないんじゃないかって考える人がいると思うんですよ。だから、どんどん結婚が遅くなってると思うんですよね。私もね、子供を産むのは、まだまだ無理と思いますね。お金もないし、無理だなって思いますね。こんな感じです。今日は結構難しめに、結構早いスピードで話してるので、是非スクリプト見て下さい。もっとねこの問題に対して、何か意見とか、もっともっと質問がある人は、ぜひコメントとかねメッセージとか是非お待ちしております。子供が今少なくて・・・あ、でも、この問題をね、アンケートで何か調べたときに、「この問題を解決できる問題だ」って答えてるんですね。みんな。この問題は解決できる問題のはずなのに、解決できてないって言う人が多いですよ。私もそう思いますね。だって、制度をちゃんとしたら子供を産みたいって人たくさんいると思うんですよね。まあ国がちゃんとしてくれよっていう問題です。まだまだ、問題は深いですね。これはね。


本当に、今は働く人が少なくて、これが本当に問題で、違う国からね、日本で働きたい人どんどん募集してると言うか。たとえば、アジア国、ベトナムとかネパールとかスリランカ、バングラディッシュとかね。いろんな国の働きたいという人を日本は受け入れてるんですけど、この問題もね、本当に闇が深いので、日本頑張れよ!みたいな感じですね。ちゃんとしてくれよって私は思うんですけど。日本語の先生としてね。いろんな国から日本に働きに来てるけど、ちゃんとしたシステムに、それもなってないので、何かそこでお金をちゃんと貰えてない人がいたり、犯罪をしてしまったり。悪いことですね。をしてしまったりする人も増えていて。まあ、ぐちゃぐちゃですね、今日本はね。なのでね、ちゃんとね、来てくれた外国人の人にもしっかり働きやすいようなシステムを作って、私たちがちゃんと子供を育てられるような環境を作って欲しいです!日本の政府!って感じでう。


どうなるか。これ本当に問題が深い。ま、でも私は子供産みたいです。そんなにお金がなくても、お金がなかったら無理か。無理なんだけど、まあちゃんとね、貯金して、子供を育てられるぐらいの人間になりたいなと私は思います!じゃあ、今日はね、ちょっとたくさん話したので、この辺にしましょう。じゃあまたね、クエスチョンボックスで質問募集してますので、よろしくお願いします。今日はこの辺で。



今日話した話をまたスクリプトですね、WEBサイトに載せますのでチェックしてみてください。今日めちゃくちゃ早いので。N1レベルの会話、会話?ひとりで喋ってるか会話じゃないね。スピードです!なので、是非スクリプトを見てください。難しい言葉もたくさん使いましたのでね。あとは、Twitter、Instagram、フェイス・・・Facebookじゃねぇや。Youtube!こちらのフォローもお願いいたします。あとは、Patreonですね。こちらのメンバーも募集しております。Patreonで新しいYoutube動画、川越のVlogを作ってアップしたので、Patreonメンバーの方、是非見てみてください。まだね、Patreonちょっと興味あるなあ?みたいな人がいたら、是非お願いします!はい。あとはプライベートレッスンですね。こちらも募集しております。なんかね、今週めっちゃくちゃ申込が来て、大忙し!ありがとうございます。もしかしたらもうちょっとしたら、プライベートレッスンの申し込みをね一回やめるかもしれないです。たくさん来ています。ありがとう!!あとは、えーと、あ、このポッドキャストのリクエストですね。Questionboxから是非お待ちしております。はいじゃあ今日はこの辺で、また次回。さよなら〜。



Question Box テーマのリクエスト待ってます! peing.net/en/therealjapanese Patreon 私のメンバーになって、オリジナルコンテンツをゲット!! Let's get exclusive content!! https://www.patreon.com/harunonihongo オンラインレッスン https://www.haru-no-nihongo.com/course Podcast Youtube https://www.youtube.com/channel/UCauyM-A8JIJ9NQcw5_jF00Q Apple Podcast https://podcasts.apple.com/jp/podcast/the-real-japanese-podcast- Spotify https://open.spotify.com/show/1gQ0ZdFpTOqiyLeOaCCn6U Instagram N5〜N3レベル https://www.instagram.com/haru.no.nihongo/?hl=ja N2〜N1、ビジネスレベル https://www.instagram.com/next.step.japanese/?hl=ja Twitter https://twitter.com/h_a_r_u_222



279回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Haru no Nihongo

  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
  • YouTube

©️Haru no Nihongo