• Haruka

EP-132 災害 Disaster(N2)



はい。みなさんこんにちは!お元気でしょうか? はい。2022も始まりました。 2022年も? はい。まぁ、みなさんあけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 はい。まぁ、えっと今日は、えー、 全く新年とか関係なくリクエストにお答えしていきたいと思います。 はい。しかも、結構大変なテーマになります。 うん。で、なんか似たようなリクエストを2ついただきましたので、一緒にお答えしますね。


まず一つ目! おはようございます、はる先生。おはようございます! 最近日本のニュースによって富士山爆発推測がある。 ああ。富士山が爆発するかもしれないというニュースですね。 とても心配します。はい、とても心配です。 日本の人たちみんな災害の前に えっと災害が来る前に、 どんな準備をすればいいんですか? はい。災害についてですね。 富士山の噴火、爆発ですね。 で、もう一つ。 えー、はる先生は災害を体験したことがありましたか? 日本の災害についてお話ししていただけませんか。 はい、この2つのリクエストありがとうございます。 新年早々、災害のお話になりますけれども。


うーん、まずね、私は災害を体験したことがありますかという質問なんですけれども、もちろん経験がありますね。一番大きいのはやっぱり東日本大震災ですね。 東北地震になります。 その話したことあったっけな?あったっけ? まぁ、私がその東日本大震災で被災した時は、2011年だから、高校生でしたね。 高校三年生だったと思います。 高校三年生?二年生?どっちかだったと思います。で、高校に行ってたんですけど、 その時にね、地震が起きた日にちは3月11日、311と言われるんですけど、 3月11日は、ちょうど春休みだったんです。で、私は、でも午前中だけ学校にいたんですよ。 部活をしていたか、勉強をしていました。で、帰ってくる時に、その時に私高校生の時、映画ばかりを見てたんですよ。 毎日映画一本見てるぐらい映画にはまってた時期で、 当時ね、今はもうなくなっちゃいましたけど、TSUTAYAっていうビデオレンタルショップに行ったんですよね。 まずね、学校帰りにそういうとこ行ってはいけなかった。 本当はしてはいけないんだけど、行って、ビデオを選んでたんですよ。 そしたら、ラック、ビデオ置いてあるラックがすごい揺れたんですね。 で、私は音楽を聞いてたんで、外の状況とか全然分かんなくて。 そのラックを私が見てた時に、ラックの後ろ側に人がいて、その人がそれを揺らしてんのかと思ったのね。 で「いやいや、そんな迷惑な人いる?」と思って、「誰だよ」と思って、うしろを見たら、誰もいなかったんですよ。 「おや?」と思った。じゃ、「これは誰かが揺らしてるんじゃない」って思った瞬間に、大きい揺れが来た。 すごく強い地震が来て、「うわ、地震だ」と思ったんですよね。で、DVDとか上から落ちてくるし、めちゃくちゃ怖くて。 で、周りもみんないないですよ、誰も。お昼だったし。 そしたら、店員さんが「逃げてください」って言って、この私の手を引っ張って、外に出してくれたんですね。その時に、立つことが難しくはないけど、ちょっと不安定になるぐらいすごい揺れてて、お店の看板とかが色々あるんですけど、揺れてるのが見えるんですよ。 で、窓ガラスとかも揺れてて、 すごく怖かったなっていう思い出はあります。 はい。


で、すぐにね、家に帰ったんですよ。 で、確かに地震は大きかったんですけど、東京でね。 でも、別にどこかが壊れたとかはなくて、「いや、すごい大きな地震だったな」と思って、 家族は大丈夫かなと思って、家にすぐ帰ったんですね。 で、そしたらまあ大丈夫。 家族は全然大丈夫だし、家のものは何も壊れてなかったんですけど、その時に、テレビで放送していたのが東北の震源地。 地震が起きたスポットですね。 震源地が東北で、津波が来るらしいと、NHKでライブで放送していた。 で、今はあんまりにも酷すぎる状況だったので、多分テレビの映像がほぼ残ってない、 何て言うの? 見せられない、禁止されてるみたいなんですけど。 津波が起こっている状況。 普通に人とかが津波に飲み込まれていたり、車が津波に飲み込まれていたり、人が走ってる状況を、ライブで放送していた。 家族も、今それがリアルタイムで起こっているっていうのが分かってるんですけど、なんか現実なのか分かんなくて、 みんな「え?」みたいな、「何が起こっているの?あなたは、逃げ遅れてますけど、大丈夫ですか?」みたいな感じだったんですよね。そう。 今思えば、なんていうんだろうショッキングな、本当に残酷な映像だったなっていうのがあって。 それで、津波で、たくさんの人が亡くなってしまって、 原子力発電所が壊れたってなって、それが東北で大きな問題になったんですよね。ま、もちろん今東北は全然安全だし、東北の食べ物を食べても大丈夫ですし、 私たちも旅行に行ったり、ご飯食べたりは全然してますけど、 まあ、まだまだ・・・2011年だから、もう十年前ですね。 ですけど、まだまだやっぱりこの東北のみなさん 特に東北のみなさんはね、大変な生活になっている人もまだまだ残っているという状況ですね。 はい。それが十年前。 私が一番経験をした大きい災害はやっぱそこでしたね。


うん、まあ、もちろん他にも災害っていうのは色々あって、 日本にある災害っていうのは、まあ、もちろん地震、そして、その地震と一緒に起こるのが津波。で、えっと、あと台風ですね、はい。 で、台風の災害に関しては、東京は、やっぱり建物の工事とか、道路とかはしっかり進んでいます。 なので、そこまでひどい災害はないんですけど、隣の千葉とか、あとは九州の方とかは、時々ね、大きな台風の災害にあったりしています。うん、そうなんだよね。 日本って本当に災害が多い国だなと思います。 正直ね、他の国の災害っていうのは、私はあんまり知らないですけど。日本はやっぱ多いとは思いますね、うん。 みなさん怖いですよね。 そりゃそうだよね。 初めて日本に来て、初めて地震を経験したら、どうしようと思いますよね。 うん。まあね、地震が来た時は、正直もう私たちは慣れてるので、 すごく大きい地震じゃない限りは普通の生活をします。 「あ、地震だ。なんか今日強いね。」みたいな。 「震源地どこだろう?あ、ここか。」、その程度です。 うん。で、調べてみると、日本で地震って一年でね、大体1000回から2000回起きてるみたいですね。 はい。そう考えると、本当地震っは、日常茶飯事なんですよね。 慣れてしまっていることが、いいのか悪いのか分からないですけど。 そこまで怖がる必要はないと思います。地震に関してね。 ちょっと地震が来たから、「やばい!死ぬ!」みたいに思わなくて全然大丈夫です。 っていうのも、今はその東日本大震災が起こったことによって、日本全国で建物がしっかり地震のための強い建物になったり、 道路とかも全部工事をしたりして、かなり安全になってます。 うん。まあ、でもね、今までに経験したこともない地震が起こってしまったり、 大きい津波が来てしまうと、やっぱり怖いものはありますけど。 まあ災害は正直もう仕方がないかなって、私は思います。 だって自然だもんっていう。 私たちにはどうしようもできない、止められないこと。 なので、正直どうしようもないですね。 はい。


で、えっと、災害のためにどんな準備をすればいいですかっていう話なんですけど、 災害のための準備はもちろんたくさんあります。 一つ目は、本棚ありますよね。 本棚って揺れて倒れたりするとやっぱ危ないですよね。 なので、本棚を上から止めるストッパーみたいなものがたくさん売られているんです。 なので、えっと、私の実家は全ての棚にそのストッパーを付けてます。 で、私の家は高い家具が全然ないので、倒れたりするようなものがない。 危ないのは、テレビぐらいだね。でも、テレビは結構低いから全然大丈夫。 あんまり怖くないですね。 まあ、あとは、災害が起きた時には、やっぱり水とかがストップしてしまったりとか、食べ物とかに困るので、水を準備したり、非常食を準備したりはしている。 私、正直、準備してないんだよね。しなきゃなって思ってるんだけどね。 した方がいいと思います。 あとは、もし災害が起きた時に自分の家の近くで避難するところを、ちゃんと調べておくのがいいと思います。私は自分の家の前に小学校があるので、そこなんですよね。 はい。そこはちゃんと、自分はそこに行くっていうのを理解しています。 あとは、避難経路ですね。 自分の家がもしマンションだった場合、エレベターが動かなくなるので、階段がどこにあるのかっていうのをしっかり把握しておきましょう。その3つだな。 うん。棚を固定すること、ご飯とか水を準備しておくこと、あとは避難経路、避難場所を確認しておくこと。 正直、その三つが一番大切かなと思います。 はい。で、富士山の噴火に関しては、まじで分からない。 多分起こると思うんだけど、何年先なのか、私たちが死んだ後なのかもしれないし、 もしかしたら来年、明日かもしれないし、本当に分かんない状況です。 もうこれに関しては仕方がない。 分かんないんだもん。 富士山も生きてる。 はい。まあ、でも災害が怖いって言うのももちろん分かるんですけど、 まあそうするとやっぱどこにいても、災害って言うのは起こり得ることなので、 今言った三つをしっかりとしていれば、 大丈夫とは言えないですけど、まあ、少しは安全かなと思います。うん。 災害ね。 やっぱ日本に来るってなると、やっぱ災害怖いって思いますよね。 うん。もう災害は仕方ないね。 地震はしょっちゅう起こる。仕方ない。 台風も来る。台風が来たら、外に出ない。 それだけ。うん。あと海に行かない。 私はねどっちかというと、災害よりもテロとか火事とか事件のほうが怖いですね。 人がやってしまう事件のほうが、正直怖いなと思います。 今ね、冬でね大雪で、かなり事故が起きてる。 まあ、世界的にね雪が降ってると思うので、みなさんそこは気を付けてくださいね。 東京はまだまだ雪が降ってないですけどね。 はい。ま、そんな感じです。 そんな感じで大丈夫でしょうか。 はい。まぁ、みなさんね、災害は本当にいつ来るか分からないので、 いつ来るか分からないから怖いんだけどね、 まぁ、来たらしょうがないと私は思ってます。 みなさんの国にはどんな災害がありますか? ぜひ、良かったらねコメントとかで教えてくださいね。 今日はね、そんなテーマになりましたけれども、リクエストありがとうございました。 今日はこんな感じで終わりにします。


はい。今日話した話のトランスクリプトを作りますので、私のウェブサイトをチェックしてみてください。 あと、本当にありがたいことにどんどん字幕がね増えていて、 ちょっと私も初めてなので、うまくできてないことあると思うんですけど、 みなさん字幕、ぜひ利用してみてください。 ええー、英語、中国語、韓国語。で、さらに、インドネシア語、ベトナム語、ベンガル語、ポルトガル語を翻訳してくれる方っていうのがいらっしゃいました。 できるだけ、みなさんと一緒に作っていけたらなと思います。 で、本当にお願いなんですけど、 英語の翻訳できる方、マジで、もしいたらね私のポッドキャストを使って勉強できると思って、 もしできる人いたら、ご連絡くださいませ。はい。っていう感じです。 英語がやっぱり一番使われる言葉なのでね。 あとTwitter、Instagram、YouTube、フォローをお願いいたします。 えー、私のこのポッドキャストは、ビデオポッドキャストなんですけれども、Apple PodcastとかSpotify、anchor、Google Podcastなど いろんなプラットフォームでも聞けるので、そこで聞いていただいても全然大丈夫です。 はい。ま、もし良かったら、星5とかねつけて、5、付けていただけたらいいなと思っています、はい。 あとPatreon、こちらのメンバーも募集しております。 はい。こんな感じかな。 はい、ではみなさん、今年もよろしくお願いします。 それではまた次回! さよなら〜!

↓オンラインコミュニティ、ボーナスコンテンツはこちら

Join my online community!

Get exclusive content!


↓コーヒー買ってくれる方はこちら☕️

 とっても喜びます。


Question Box

テーマのリクエスト待ってます

peing.net/en/therealjapanese


Japanese Lesson

https://www.haru-no-nihongo.com/course


Podcast


Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCauyM-A8JIJ9NQcw5_jF00Q

Apple Podcast

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/the-real-japanese-podcast-

Spotify

https://open.spotify.com/show/1gQ0ZdFpTOqiyLeOaCCn6U


Instagram


Private account

https://www.instagram.com/haru.no.nihongo/?hl=ja

Learn advances Japanese

htts://www.instagram.com/next.step.japanese/?hl=ja


Twitter

https://twitter.com/h_a_r_u_222



閲覧数:698回0件のコメント

最新記事

すべて表示